せっかく夢のマイホームを建てるなら設計事務所に依頼しよう

出張のために

男性

京都は観光都市としてホテルも多いですが、学生のためのアパートや長期出張者のための長期滞在型ルームも多くあります。長期滞在型ルームには、マンスリーマンションと呼ばれるものと、アパートメントホテルと呼ばれるものがあります。マンスリーマンションは不動産会社がメインとなって家具付きの部屋を貸し出すもので、アパートメントホテルはホテル業者がメインとなって調理器具を揃えた部屋をサービスしているものです。といっても、実際に京都にある長期滞在ルームの内容には、あまり差はありません。どちらにしても、ホテルの部屋よりも安く滞在することができますし、簡単な調理もできるので自炊することができます。京都は学生も多いので安く提供している食堂も多いし、朝早くから営業しているカフェも多いので、自炊ができなくても心配することはありません。部屋のクリーニングなどを任せたいという人は、費用はかかりますがサービス付きを選ぶと便利です。長期滞在型ルームは、月ごともしくは10日ごとなどの区切りで料金が決まってきます。中には1日単位で契約するところもあるので、自分にあった契約を結べるところを選ぶことが大切です。また、家具や家電など部屋に揃えてあるアイテムも違うので、自分にとって必要なものがそろってあるのか確認することが大切です。京都は観光都市としても人気ですし、都市機能も充実しているので、中心部は料金も高くなっています。といっても、料金の安い周辺地域を選んでしまうと、交通費がかかってしまうのも事実です。長期滞在をするのであれば、日々の交通費も合わせてトータルコストを考えます。